読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

** 私の生きる道 **

社会的養護を考える人です。自分と向きあう日記。社会に伝えたい事。

私が自死を選びかけた瞬間〜そこに何の勢いも決断もなかった。

最近ふと何度となく思い出す瞬間がある。

2回に渡る、自死を感じた瞬間。

自死は選ぶものではない。自死は突然訪れる事故みたいなもの。

これはあくまでも私の感じたこと。

正解でもないし、答えでもないし、期待しないで流れるように読んで下さい。

私も流れるようにこれを書く。

 

10歳で私は子どもの心を封印して生きようと思った。

父が突然死したその頃から私は、人は何で生きていかなければならないのか、

私は何の為に生きているのか、分からなくて一人彷徨っていた。

母には愛されている実感がなかった。いつも一人で居た。

でも何かの時にふと目にした占いで、

「子ども時代は苦労をするけれど、大人になれば幸せな人生を送る。」

と書いてあったのをその時ばかりは子どもみたいに信じて、

いつか幸せな家族の中で生きたい、と目標が出来た。

だから生きられた。10代を乗り越えられた。

奥さんになりたかった。お母さんになりたかった。

その為に他のものは犠牲にしても良かった。

 

そうして結婚したが、数年で夫婦生活はぎくしゃくとして行き、旦那さんに裏切られ、私はもう何を目指していたのかさえ分からず絶望の淵に立ち、、、

そんな日々が長く続いた。今度こそ生きて行く希望なんてなかった。

人生は苦しい事ばかり。上手くいかない事ばかり。

 

その頃、二人の息子のお母さんになっていた。

それでも生きて行く希望も力もなく、車の行き来する見通しの悪い通りに、

ふいに身を投げ出しそうになった。

それはもう何者かに誘導されるかのごとく。

自分の力はそこに全く働いていなかった。

ふらふらと・・・迷い込んだように・・・。

もう少しのところで、はっと立ち止まった。

 

更に当時8階に住んでいた私は、ベランダから下を覗き込んで、

あぁ、、、ここから飛び込んだらラクになれるのだろうなと思った瞬間、

吸い込まれるように・・・身体中のバランスを失い、吸い込まれるように・・・

フェンスをまたごうとしていた。

 

その2回の瞬間の自分を今でも鮮明に覚えている。

自死する時ってきっとあんな風なんだろうな。

覚悟を決めて、とか、決断して、とかではなく、

もう全てに疲れ果てて、自分の意識を自分では保てなくて、

何者かに突き動かされるように・・・。

気付いたらもう死んでる、ような。

 

今、私が生きているのは、何でだろう。

あの時、最後の瞬間に我に返ったのは何だったんだろう。

あの時の恐ろしさを私は覚えている。

 

長年に渡る鬱積された自分の心。逃げ場のない心。誰にも吐けない、受け止めてもらえない心。

やっと見つけた幸せを失った、やっと信じられた人に裏切られた。

疲れ果ててしまった。

もう考える事さえも出来なくなっていたあの瞬間。

 

死ぬのが怖いのではない。

考え尽くして決めるのではなく、気付いたら死んでいた状況が怖い。

当時、私にとって大切な人は、二人の息子だけだった。

きっと何もよりも、幼い我が子を置いては逝けなかったのだろうと思う。

それが私の救いだった。

 

30歳の頃の事・・・。